フットケアで健康維持

足の裏の角質をケアするフットケア

足の裏が硬くてなんだかごわごわすると感じる、そんな時にはフットケアが大切です。
そもそもなぜ足の裏の皮膚が厚くなりやすいかと言うと、足の裏は他の皮膚に比べて約20倍もの厚さがある上に、ターンオーバーも早く進む場所です。
また、古い角質が剥がれ落ちにくい部分でもあるため、角質がたまりやすく、分厚くなりやすいのです。
そこで、定期的にフットケアをしてあげる必要があります。
角質ケアに効果的で簡単にできるケアといえば、足湯です。
足湯には血行の促進やリラックス作用、さらには冷え性の改善などさまざまな効果があります。
足の裏の皮膚がやわらかくなるため、その状態でケアをしてあげると効果的です。
洗浄力の高いスクラブで丁寧に洗ったり、皮膚の再生力を高めるアロマなどを使って定期的にケアすると、きれいな足裏をキープする事ができます。
また、足裏のごわごわがひどい時などには、足裏専用の皮膚がきれいにむけるフットケア商品などもあるので試してみるのも良いでしょう。

フットケアで角質を取り除いて柔らかな足裏に

フットケアを行う際、まず最初にフットバスを行います。
ソーク剤を使用してフットバスを行い、足裏の角質を柔らかくします。
フットバスは足を清潔にし、怪我などの傷口がないか確認もできます。
その後に足専用のヤスリのようなヘラで角質を取り除きます。
行う際に過度に力を入れて取り除くとフットケア後に歩行時などに足裏に痛みを感じるので、適度に取り除く事が重要です。
かかとや足の外側の部分を丁寧に、念入りに行います。
さらに角質を柔らかくするためにフットクリームを使用します。
フットクリームはハーブなどの植物を配合してヘラで取り除いた後の柔らかさを保ちます。
フットケアを行う際には糖尿病にかかっている人やアレルギー体質の人など、肌の弱い人はあまりにも強い力や長時間のケアは禁物です。
ヘラで足裏を柔らかくする際に傷になり、そこから感染する可能性もあります。
硬いからといってゴシゴシ力を入れる必要はありません。
フットケアの始まりから終わりまでの中で十分に効果が出るクリームなどを使用しています。

Copyright 2015 フットケアで体調改善 All Rights Reserved.